浅草アート社の毛玉とりブラシはすごい

最近、購入したアイテムが秀逸だったので、ご紹介。いいものを見つけると、みんなに広めないと気が済まない性分なので…。

 

f:id:shiratamachang:20160414201747j:plain

浅草アートブラシの毛玉取り。

 

何年か前から気になっていたアイテムだったんだけど、ちょっと高めなので躊躇していたもの。だけど、有名なスタイリストさんが勧めていて、いつかほしいなと思っていたんです。

 

そしたら、先日、じゅん散歩で紹介されていて、実際にユーザーが毛玉をとるシーンまで見ることができ、一緒に見ていた両親も欲しい!と言い出して。買ってみたらよかったんだわ、これが。

 突然だけど、ヨーロッパ人は天然素材にこだわる

パリ流 おしゃれアレンジ!自分らしく着こなす41の魔法

 

何度か紹介したパリジェンヌ本にも書いてあったけど、ヨーロッパの人は天然素材にすごくこだわる。

 

高いものはあまり買わないけど、コットンとかウールとか、たまに奮発して、カシミヤとか。着てみると分かるけど、確かに天然素材は、その人を引き立ててくれてくれる。ナイロンとかアクリルのセーターとかだと子供っぽいし、自分を大切にしてない感じ?(なんか外国かぶれないやな言い回しだな)

 

だけど、最近ホントよく見かける『アクリルのセーターにプラスチック丸出しのパールとかラインストーンがついているニット』とかは、女性を美しく見せないと思う。私だけかもしれないけど。

 

そんなら、コットンのぴったりしたTシャツとジーンズでも着ていた方がはるかに女性らしい。

 

そんなわけで、私もちまちまカシミヤを購入している。ユニクロのカシミヤもいいよね。だけど、なぜかユニクロのカシミヤは100%なのに、ドライクリーニングじゃないとだめなんだけど。

 

カシミヤなら水で洗えるはず、と私はヨーロッパで教わったので変だなと思ってたんだけど、なにか大人の事情があるのかしら。

 

それに、イタリアで買ったカシミヤに比べると、ユニクロのものは毛玉になりやすい気がするの。安いから躊躇することなく、ガンガン着ているという理由も関係していると思うんだけど。

 

これが取れた毛玉らの様子。

 

f:id:shiratamachang:20160414211835j:plain

 よく見ると、毛羽立った線維の中にまん丸の『毛玉そのもの』が混ざっていることが分かると思う。本当に面白いように毛玉が取れる。

 

うちの親は面白がって家じゅうのセーターの毛玉をとったほど。そして上の画像の毛玉クリーナーが面白い!と絶賛していた。

 

奮発してセット購入したブラシをセーターやコートにかけると、繊維が整ってまるで新品みたい。いい感じじゃない!

 

 

楽天ではポイント10倍とかなんとか、よくやっているので、安く買えそうなところを探して、是非入手してみてください。持ってて損はないです。家族全員で使えるしね!