お金をかけないアンチエイジング・スキンケアをやめる?馬油のすごさ

先日に引き続き、大幅にシンプルになった私のスキンケアについてお話したいと思います。30代前半までは月に1.5~2万円くらいかけていましたが、今はたぶん…3000円くらい。もっと使わないときもあります。

 

近所のおばちゃんの肌を見て驚愕

 

2年くらい前、たまたま実家にいたときのこと。両親が外出しているときに、インターフォンがなりました。ドアを開けてみると、近所のおばちゃんがいただきものだという果物を持ってきてくれたのでした。

 

ドアを開けたとき、驚愕しました。

 

なんでって、そのおばちゃんの顔にしわやシミがほとんどなかったから。両親の友達である以上、年齢はどんなに若くても70前後。それなのに…、しわがない!

 

その後、両親が帰宅したので『あの、おばちゃん誰?すごい肌がキレイだった!』と鼻息を荒くしながら訪ねると

 

『ああ、あのおばさんは馬油しか使ってないって言ってね、うちにもいくつかくれたんだよ』というではないですか!それが私とソンバーユとの出会いでした。

 

これ、ドラッグストアなんかでも見かけたことがありましたが、何にいいのか分かなかったし、そこそこの値段がするので、手に取ってみたことはなく。

 

私もそのころ、化粧品でのお手入れに限界を感じていたので、ひとつ使ってみるか…ということになったわけなんです。

 

洗顔後、化粧水をつけて馬油のみ

 

馬油の使い方を見てみると、洗顔後、これひとつでOKとなっています。オールインワン!でも私の肌にはなじみがよくなかったので、愛用しているハダラボの1000円くらいの化粧水をつけたあと、使ってみることに。

 

数日後。…なんか調子がいいみたい。

 

なによりお手入れがシンプルになったことで、心の余裕も生まれたりして。あとは添加剤が入っていないので、安心して使えるという点も大きかったですね。

 

しばらくすると、なんとなく肌に厚みがでてきたというか丈夫になった感じがしてきました。

 

馬油のすごさを友達に宣伝してみると『そういえば、うちの母の友人でもすごく肌のきれいな人がいて、その人も馬油だけしか使ってないと言っていた』などという証言も得られたりして、さらに馬油への信頼感が増すことに。ネットで調べてみても同じようなエピソードが見つかりました。

 

面の皮を厚くすることを考える

 

美顔器とかピーリングとか、強力な美白成分のように肌がきれいになってもどんどん、角層が薄くなっていくような感覚を覚えるものがありますが、馬油はそれとは正反対でまさに肌が厚くなっていくような…。

 

面の皮は厚く。いまは、それこそが年齢を重ねた肌に最適な状態だと断言できます。

 

そういえば、あんまり共感できないものの、その内容には納得したこちらの本にも同じようなことが書いてありました。

 

化粧品を使わず美肌になる!

化粧品を使わず美肌になる!

 

 

こちらも理論的にはすごく納得できる本なのですが、完全に何もつけないというのはやっぱり難しい。しかも私の場合、ワセリンが肌に合わず、かゆくなってしまって続けられませんでした。

 

化粧水の後、馬油だけというお手入れは私にとって、ほとんど何もしないのと同様。それまでの過剰なお手入れに比べたら、肌にかかる負担は圧倒的に減るはずです。

 

そんなお手入れをして2年近くになりますが、大きな肌トラブルもなく、過ごしています。しわもシミも増えていません。

 

ただ最近はくすみが気になり始めましたねー…。やっぱり糖化が原因かなぁ…。こればっかりは紫外線の影響とかじゃなく、体内で起きていることだから、違ったアプローチ法が必要になるのかも。

 

ただ、前回お話した「保湿とUVケアだけが美肌を作る」の著者の先生も言われていたのと同様、こちらの宇津木先生も化粧品の美容成分は肌に浸透しないから意味がないと言われていて。

 

化粧品をすべてやめてしまおうとは思わないのですが、だったら高いものを無理して使う必要はないかなと思っているんです。と、都合のいいように解釈してみます。

 

年齢によるくすみ。

 

これ今の最重要課題です。なにかいい化粧品を知っている!という方は教えてくださいね~!