なんだかんだ言ってDHCが最強なんじゃないか説。

f:id:shiratamachang:20170226125334p:plain

20代のころからずっと使い続けているDHCの化粧品。美輪明宏さんがCMしてた頃からの愛用者です。

 

看板商品であるオリーブバージンオイルとオイルクレンジングは使ってません。これはニキビができちゃってダメでした。

 

いまでこそ定番になったコエンザイムQ10やプラチナを初めに出したのもDHCだったし、価格が比較的安いのが魅力でもあります。

 

私は今でも10歳近く若く見られることもあるんですけど(時と場合によるが)、なんだかんだいってDHCが陰ながら支えてくれてたからじゃないの。ということに最近気がついたんです。

 

酒さと診断されてから半年以上、いまではほぼ治っていますが、ファンデはミネラルに切り替えたものの、美容液などはぼちぼちDHCのアイテムが使えるようになってきていることからも、肌が敏感な人でも使いやすいアイテムが多いと思います。

 

shiratamachang.hatenablog.com

そんなわけで、私がオススメのDHCの商品をいくつか紹介したいと思います。

 

薬用カムCホワイトニング

あまりシミがないのは、10年以上使い続けているこの美容液のおかげだと思います。これは肌が荒れているときも大丈夫でしたし、目の周りに使っても刺激を感じません。キャンペーンのときだと、1個2000円くらいで買えるので、まとめ買いして海外にも持参していました。

 

美白美容液って高いけど、これ1つで1カ月以上もつし、ドラッグストアで売っているケシミンとかメラノCより全然、いいです。

 

 

 

Q10クイックジェル オールインワン

もともとQ10がこの世に誕生したとき、まっさきに商品化したのがDHCでした。当時はクリームに高濃度(といっても数パーセント)で配合したことで、話題になったくリームを使用していたのですが、直営店の店員さんに「こちらの方がQ10の濃度が高いんですよ」と言われて購入したのがきっかけ。

 

こちらも刺激がなく、今でも使えています。スポーツジムにいくときにも小分けにして持っていきます。

 

乾燥やしわが気になるときはこちらを多めにつけて寝ます。夜中に目が覚めたときにも塗り足したりして。

 

 

 

ダイヤモンドリフト 

f:id:shiratamachang:20170309113757j:plain

こちらは何度もおすすめしていますが、本当にいい。専用のジェルが必要ですが、使った翌日は毛穴が明らかに目立たなくなって、フェイスラインも引き締まる。

 

40代になったら1台は持っていたほうがいいです。でも、こちらは酒さがひどいときは使えませんでした。敏感肌の方は難しいかな…。

 

 

 

 ホワイトニングセラムUV

 

f:id:shiratamachang:20180316130119p:plain

こちらは最新の大ヒット。

 

酒さがひどかったとき、もう20年以上愛用していた敏感肌用の日焼け止め(紫外線吸収剤をカプセルで包んだタイプ)が使えなくなり、ミネラルファンデしか使えなかったときでも大丈夫でした。

 

紫外線散乱剤使用のノンケミタイプなので、敏感肌でも安心。

 

ミネラルファンデだけだと、夏場に長時間外出するのは厳しいかなと思って恐る恐る使ったのですが、刺激なしでした。

 

もちろん、酒さと診断されてから使えなくなったアイテムも多いのですが、DHCは比較的刺激が少ないし、選択肢が多いので、サンプルをもらうなどして試してみるといいかもしれません。