白鵬に正々堂々、頑張ってほしい理由

なんだか毎日、相撲のニュースでもちきりですね。

 

モンゴル人会がなれ合いだからよくないとか、相撲協会の隠蔽体質とか、貴乃花親方の言うことも理解できなくはない。貴乃花が悪者にされつつある流れを見ると相撲界ってコワーと思いますね。

 

10代のころから預かっている自分の弟子が、ボコボコに殴られたら誰だって激怒するのが当然です。

 

モンゴル人同士で場所前に集まることにも批判が集まっていますが、これは時期さえ選べばしかたのないことなんじゃないかと思う。確かに場所前は控えるべきかもしれん。

 

でもね。海外で暮らすって大変なことですよ?言葉も知らない、文化も違う、それでいて見た目が日本人と似ているから、日本人的なふるまいが当然のことのように求められる彼らの苦労を思えば、同国人どうしで集まるなとは言えない。

 

15になるかならないで、異国にやってきて、ひとりツライ修行に耐える。相撲の修行だってそれこそ汗と血と涙にまみれて、毎日、真剣に取り組んでようやく、一人前の力士になれる。差別を受けることもあるかもしれない。

 

力士になってからも厳しい道は続くでしょう。

 

同じ国の人間同士で集まって、また明日から頑張ろう!って思う機会を奪うなんてことはしないでほしい。そこまでする権利は誰にもないと思う。彼らの心のよりどころでもあるはずだから、それを禁止するのはやめてほしいです。

 

暴力は言語道断

とはいえ、弟弟子を殴り倒すってのは言語道断ですよ。優しい人だというエピソードも多い日馬富士だったから、すごく残念……。

 

モンゴル人の集まりはいいけど、昔の部活みたいな理不尽な上下関係は考えものですよね…。

 

今、モンゴル人力士の名誉を挽回できるのは白鵬だけ

昨日も今日も白鵬は立ち上がりに張りさしをかましてましたが、これは今、横綱としてちょっと控えてほしいなと思います。

 

横綱の品格がどうとかいうんじゃなく、今場所だけでもいわゆる「正々堂々、横綱らしい取り組み」で周りに文句を言わせることなく、優勝してほしいから。

 

白鵬は特別なんですよ。他のモンゴル人力士とはちょっと違う。帰化して親方になって相撲界に貢献すべき力士だし、それができるのはおそらく彼だけだと思う。

 

そして、「やっぱり外国人力士だから」「モンゴル人力士だから……」という今のイヤな風潮を覆すことができるのも白鵬だけ。だから、今場所だけは周りからケチをつけられるような行動は慎んでもらいたい。

 

白鵬はここで日本人以上に日本人力士らしい、取り組みをして周りをあっと言わせることができる実力のある人なのだから。

 

聞けば、モンゴルでは「モンゴル人力士を排他しようとしているのでは?」という声もあがっているそうじゃないですか。なぬー。モンゴルからボイコットがあって、力士がみんな帰国しちゃったらどーすんの???

 

自国の若者に人気がなく、外国人であるにもかかわらず黙々と修行に取り組んで相撲界に貢献し、盛り上げてくれている彼らがいなければ、相撲人気はここまで高まったでしょうか??

 

これって日本人が10代で家族と別れて、ただ1人チリに送り込まれて、ロデオの修行してロデオ人気を高めているようなもんですからね。ブラジルでカポエイラでも、バングラデシュのカバティでもいいですよ、ええ。皆さん、ちょっと想像してみて。

国技 - Wikipedia

 

海外で暮らしたことのない人に、なれ合いとか言われるとちょっと心外です。彼らがいてこそ、相撲はここまで盛り上がっているということを忘れちゃいけない。

 

私は白鵬ファンではないのですが、それでも今場所は白鵬に優勝してほしい。本当は、稀勢の里とか豪栄道がもうちょっと、コンスタントに勝てるようになればいいのですが……。