Pinterestにハマる

jp.pinterest.com

あまりtwitterやインスタはやらない私ですが、最近ひまさえあればPinterestを眺めております。

 

これ、いいです!世界中のファッションセンスがいい人の画像をチェックできて、コーディネートの参考になります。ファッション雑誌を購入するより、よっぽどセンスを磨けると思うの。トレンドもチェックできるし。

 

ちょっと画像がうまく貼り付けられなかったのですが、たとえば私が熱狂しているロンシャンのバッグを取り入れたコーデを探したいとしますよね?そうしたら、検索画面にLONGCHAMPと入れて検索するだけで、ロンシャンのバッグを取り入れたコーデがばーっと出てくる。世界中の人のコーデですよ?

 

すごいことじゃないですか?よくELLEとかvogueとかでやってるファッションスナップみたいなのが、瞬時にみられるわけですよ。

 

同じように「紺のジャケット」とか「白のジャケット」とか入れれば、手持ちの服をどうやって着まわすかのアイデアがわいてくる。いいなーと思ったコーデに「NabyJacket」とかタグがついていれば、それをたどって世界中のセンスのいい人が考えた紺のジャケットのコーデが見られるわけですよ。

 

昔から

 

「クリスマスまでに彼氏をゲット!シングルOLの12月の着回しはコレ!」とか

「愛されOLの最強コンサバワードローブで1か月を乗り切れ!」

 

とかそういう…(動揺)そういうですね、男から見てどーなのかが大前提のコーデ特集にものすごい違和感を持っていて。自分が着たい服を着ろよ!と若い頃から思っていたわけですが…。

 

あと、各々のアイテムがやたらと高い。「スーツ278,000円」とか「スカート35,800円」とか…コーディネートに組み込めないですよ、そんなアイテム。

 

普段着がおしゃれということ

昔、アメリカに留学したひとが現地の人に

「どうして日本人はいつもパーティーに出るみたいなカッコをしているのか」と聞かれた、と言ってました。

 

パーティーといっても東京IGINみたいなフォーマルじゃないですよ?要するにファッション雑誌に出てるようなコーデをなんで毎日繰り返しているのか?ということです。

 

私の英会話の先生なんて常にTシャツ短パンだったし…太ってたからかもしれないけど…。米軍の方の居住区でレッスンを受けてたんですが、みんな普段は気楽な格好してましたよ。

 

でも、アメリア人は必ずしもセンスがいい人ばっかりじゃないですね。イタリア人とかフランス人の方がやっぱりセンスはいい。その辺にあるもの着てる感じなのに、すごくお洒落なんです。

 

それに彼らは私たち日本人ほど、服を持っていない。少ないアイテムで上手に着こなしている感じ。

 

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

 

 

センスがいいかどうかの分かれ目というのは高い服をもっているかとか、たくさん服を持っているかどうかじゃない。

 

「普段着のスタイルをいかにおしゃれにするか」

 

がポイントだと思ってます。

 

そういう意味でPinterestは非常に参考になります。

jp.pinterest.com

 

このコーデなんか、誰でも持っているようなアイテムの組み合わせですが、とってもおしゃれですよね。

 

見ていると、あっという間に1時間くらい過ぎていて、危険です。さらに「パープルのロンシャン買っちゃいなよ…」とかいう悪魔のささやきが聞こえてきて、恐ろしくなります。

 

今日の0時までブランドショップ AXESさんが、全品ポイント10倍。悩むなぁ…。