通販でワンピースを買って驚いたこと

先日、読売新聞に載っていたある通販サイトでワンピースを購入してみた。実店舗もあってたまに新聞広告に載せたアイテムに関しては特別割引があるというもの。

そのワンピは定価7990円で、広告掲載から数日間のみ5990円になるということ。画像をみたら、まさに私が探していたシンプルなワンピース。

すとんとしたシルエットだけど、同じ素材でベルトもついていて、ウエストマークもできるというので、購入してみることにしました。

届いてみてビックリ

結論から言うと、届いてみてビックリ。ユニクロでも最近見かけないような、ごわごわした厚手のナイロンで、すとんと落ちるシルエットには到底ならない。

こんなの大人の女性が着て外を歩けないよ、というレベル。丈も表示されている長さより短いような…。

ユニクロなら(ユニクロに失礼だけど)3000円くらいで売っていそうなアイテムだし、これ実物を見ていたら絶対に買わない。

定価の7990円なら、明らかに高い。これを7990円で売ろうとしているわけ?とむしろ愉快になった。

おまけに!

よーく見てみると、袖の部分に白っぽい汚れがついている。軽くははたいて薄くなったけど、落ちない。ワンピースはネイビーの無地だったのだけど、ベージュやら水色やらの糸くずがついているのも気になる。

これが2990円なら我慢するけど、5990円だよ?(しかも税・送料込みで7130円)これはないわ!と思って返品することに。

あっさり返品できて驚き

返品の連絡をすると、「申し訳ありませんでした」というものの、あっさり返品ができてそれにもちょっと驚き。もっとこちらに責任があるかどうか、問われるかと思ったけれど、送料はあちら負担で返品できることに。

返品票には返品理由を記入するようになっていたのだけど、『価格に見合わない』という項目があって、ああそういう返品が多いメーカーなんだな…と納得。

先日の、楽天モバイルにしてもそうだけれど

 

『値段も下げるけど、その分、対応もサービス、品質も結構いい加減』

 

という昔の日本ではちょっと考えられないようなことが通用するようになってんのね、と思う。

でも今回のワンピースは誰がどう見ても7990円という価格は高すぎだし、これで満足する人がいるのか知りたいくらい。もう写真を載せてやりたいくらい。

『返品されなかったラッキー☆』というスタンスで仕事をしているとしか思えない。

まだ代金は返金されていないけど、これで対応遅れたら、通販の名前を公表しようと思う。あの広告見た人なら、分かると思うけど。