読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMAPに行使されかかった早期退職制度について

はてなブログのブロガーさんって、やっぱり物事の見方が面白い。昨今のSMAP解散騒動についての記事もフムフム…と言いながら読ませていただいた。

 

SMAPとは同世代ということもあってファンというわけじゃないけれど、アイドルグループのなかではまったく別格と思ってた。なにより面白いし。一応、吾郎ちゃん派です。あんなに面白い人はいないんじゃないかと思う。

 

SMAPを積極的に好きというわけじゃないけど、SMAPをキライという人も少ないんじゃないか。そんな風に思ってました。2000年くらいに発売されたSMAPのベストアルバムなんて一家に1枚!と言われて、うっかり「あ、買わなきゃいけないのかな」と買おうとしたぐらいでしたからね。

 

その後、海外で過ごしていて彼らの活躍について知らなかった時期も長いので、何とも言えないけど、事務所からやっかいもの扱いされていたなんで、本当にびっくり。踊れないからダメだとか、事務所のトップはマッチだとか…。そんなの誰が賛同するんだろう。

 

SMAPが解散したらイヤ!という人が多いけれど、私はそれぞれが活躍できるならそれでもいいと思ってました。

 

ただ…。SMAPのメンバーだけは、他の消えてしまったグループのメンバーのようになって欲しくはなかった。誰とは言わないけど、完全に消されて仕事を失ってしまった人も少なくないでしょう。

 

SMAPのメンバーには誰一人そんな風になって欲しくない。それではあまりにもこれまでの彼らの頑張りに対する背徳ではないのか。滅私奉公で頑張ってきた同僚がなんの非もないのに飛ばされるみたいな心境ですよ。もはや。

 

木村くんが裏切者扱いされているけれど、ただ一人家族がいる身分としては、それも仕方なかったのではないかと。彼が事務所から独立すれば、奥さんだって仕事を回してもらえなくなるかもしれない。そうしたら、子供たちはどうなるのか。

 

私が奥さんだったら、やっぱり事務所に残って…っていうかもしれないなぁと。実はこれまで木村くんのことはあまり好きじゃなかったんだけど、それでも彼のとった行動を責めることは…できないかな。

 

デビューした時はランドセルをしょっていたという慎吾ちゃんも38歳。普通なら「オジサン」と呼ばれてる世代ですよ。その彼らにあんな風に謝罪させるなんて、あまりにも非道だと思う。

 

事務所に恩義を感じて残るのも、育ててくれたマネージャーに恩義を感じて彼女についていくのも、それはどちらもありうることじゃないかな。

 

彼らが、同じ世代の多くの男性のように、サラリーマンだったとして。そして彼らの会社が早期退職を募集したとしたと考えてみよう。

 

5人はこれまで管理職としてバリバリ働いていた。一旦、5人は会社を辞めて起業する決断をした。だけど、家族のいる1人は迷った末に会社に残る決断をした。

 

アイドルグループだから、芸能界だから裏切者。って言われるけど、会社なんかでもあり得ることじゃないかなぁ…。

 

繰り返しますが、木村くんだけは気取ってて好きじゃないなーと思ってました。でも、今回のことは「俺が間に入るから、お前ら4人はとりあえずこれで納得してくれ。それが俺たちが今、生き残る道なんだ」という気持ちだったんじゃないかな…と思いたい。

 

まっすぐな性格っぽい中居くんは納得できないだろう。

 

でも「木村くんに感謝しろ」「土下座しろ」とか、本人がそんなことを望んでいるとは思えない。計算高いと言われているけど、だからこそ、そんなあからさまに悪者になるようなこと、彼が考えるとは思えない。むしろ事務所が木村くんと4人を対立させることはあるかもしれないけど。

 

彼が裏切者なのか。あるいは、家族と、そして今できる最善にして唯一の方法でSMAPを救おうとしたのか。どちらなのかは、これから数年で分かることじゃないかな。

 

ただ私のだーい好きなタモリさんが所属している田辺エージェンシーに5人で移れたかもしれない…という記事を読んだら、その方が彼ららしい活躍ができたいんじゃないかと残念な気持ちにはなったけれど。田辺エージェンシーSMAP、見たかったな。

 

だが。

 

できれば解散しないでほしいが、彼らが選んだ道なら、それもやむなし。でも5人が消されるのは見たくない。

 

と思った人は多いハズ。

 

そして私たちSMAPファンでもジャニーズファンでもない人間をそんな気持ちにさせた、それこそがSMAPの偉大さなんだと思う。

 

他のグループだったら、「へー、解散すんだ」で終わった人が多かったのでは?