読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MotoGPバレンシア続報・「僕がマルケスとペドローサに助けられたって?そうだよ」

一夜明けて、悔しさが増してきました。

だってホルヘさんが、あっさり他のスペイン人レーサーに助けられたことを認めてるんですもの。

 

ホルヘさん談

「マルクとダニ(ペドローサ)は素晴らしかったよ。僕の邪魔をすることなく、タイトルを取らせてくれたからね。僕がタイトル争いをしていること尊重してくれたんだ」

「これは僕がとったタイトル、そしてスペインのためのタイトルでもある。誇らしさでずっと泣いていたくらいだよ」

「ヴァレンティーノは素晴らしいレースをしたと思う。最後尾スタートで4位になるなんて簡単なことじゃない。勝つことだってできたかもしれないしね」

 

え!!

 

真剣勝負しないことをリスペクトと置き換えるんですか!もうここまでくると、リスペクトって一体なんなのか。という話になりますね。やな感じ。

ヴァレは蹴り入れた罰でタイトルを逃したんだから、他のレーサーからのリスペクトは失わなくて済むってことですよね?

まぁ確かに、マルケスは1位になっても、もうタイトル取れないわけだし、同国のホルヘ先輩の邪魔なんかしたら、国内で叩かれること必須ですよね。

 

これでMotoGPがサッカーと同じように、公平に行われない(こともある)スポーツだってことがよく分かりました。ありがとう。

 

こういう談合のことをサッカーではビスコットというんですが、ちょっと思い起こしてみたら、2012年のユーロでもスペインに同じようなことされてるんですね。

UEFA EURO 2012 サッカー欧州選手権|ニュース|WOWOWオンライン

 

しばらくの間、イタリアとスペインの関係が悪化するな、こりゃ。

そして注目は来年のモビスターヤマハの動向です。